最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

じゃがポックル

 秋旅行レポは前記事で終わりですが、これは番外編のようなもの。

最近の土産売れ筋らしい、じゃがポックルを買うことが出来ました。釧路空港では一人1個、千歳では一人3個までとなっていました。箱を開けてみると、個袋に分かれています。早速食べてみると・・・確かに美味しい、「じゃがりこ」より何倍も美味しいです。友人いわく「じゃがびー」というのとかなり味が似ているのではと・・・。イモの味がよくするし、土産というより個人的にたまに食べたいという印象でした。

 ちなみにお値段は800円ちょっとだと思います(840円かな?)、ちょっと高いかな。しかし、ススキノの炉辺で1500円で売っていました。。。札幌在住の友人は食べたことがないと、地元の人が買えないとはどういう販売体系になっているのだろう???Dsc05728 Dsc05729 Dsc05730

秋旅行⑧ ススキノ 小料理くまさん

 札幌に来た理由は学生時代の友人(札幌在住)との会食。もう一人同級生(東京在住)が丁度仕事で札幌に来ているので3人(奥様入れて4人)でご飯でも食べようとあらかじめ企画していたもの。

 札幌在住の友人の手配で指定された場所はススキノの小料理屋さんで名前は「くまさん」。カウンター数席と5,6人座れるテーブルがある非常にこじんまりとした料理屋さんでした。テレビにも取り上げられたことあるようで、アナウンサーや芸人サインがあります。スポーツ選手のサインも多く、松坂選手、長島監督のサインなどもありました。

 メニューはお任せのようで先付け(カレイの煮付け)に続きに出たのが刺身。もう最初から絶句です!エビ(とにかく重い!!)シャコ(子持ちで厚かった!!)、サンマ(脂が凄い乗っていました!!)、松川カレイ、マグロ、ホタテ、ミルガイ(大きい)もうこれだけでお腹一杯になりそうです。引き続いての登場はキンキ(釣りキンキとのこと)のしゃぶしゃぶ!こんなの食べたことありません。。。ちょっと湯にくぐらして食べると、こちらがくらっとなります、たまりません。しかも途中で、なんとタラの白子がふんだんに加わるというオマケつき!!!続いていただくのはダシがしっかり出たこの鍋での雑炊です。濃厚の濃厚なような雑炊。。。これだけでもう満腹でした。最後にビーフシチューまで作っていただき、本当にお腹がはちきれそうでした。メニューはとにかく豊富にあります。これは毎回札幌に行くときは訪問して食べつくさないと・・・。下記の記事に場所が乗っています。確かひとり12500円だった気が、大満足です!!!

http://r.tabelog.com/hokkaido/rstdtl/1000098/

 画像が汚く申し訳ありません。デジカメが限界のようです。この画像を見てデジカメ買い替えを決意しました。。。Dsc05733 Dsc05735 Dsc05736 Dsc05737 Dsc05738

秋旅行⑦ JRタワーホテル札幌

 宿泊先は札幌駅に隣接しているJRタワーホテル。今年の1月にも泊まっているのでそちらの記事も参考にしてください。

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13343958

 今回も前回と同様コーナツイン。前回と違うのは画像見てもらえれば分かりますが、マッサージチェアがついていなかった。またベッドの配置が少し換わっていました。部屋は普通のツインですが、風呂場に小さい窓がついているので、浴室が非常に明るいです。シャワーブースがありませんがカランがついているので家の浴室なような気分です。スリッパはオリジナルでもらうことは出来ません(気に入った方には販売しているようです)。

 今回の旅行は天気に恵まれ、札幌でもいい眺めが堪能できました。ここのホテルの売りは色々あると思いますが、気に入っているのが和洋なんでも揃っている朝食バイキング。最上階?で空気の澄んだ朝に食べる食事は格別です。パンも温かいものが多く、種類も非常に豊富、一番気に入ったのはスープでした。ススキノには遠いけれど、鉄道での移動を考えるとやはり札幌といわばこのホテルか。。。Dsc05719 Dsc05720 Dsc05721 Dsc05722 Dsc05723 Dsc05724 Dsc05725 Dsc05726

秋旅行⑥ 札幌へ

 鄙の座をあとにして、再びバスで釧路空港へ。今回は丹頂には出会うことは出来ませんでした。

 空港で時間をつぶし乗り込むのは、いわくつきの「ボンバルディア」です。札幌に向かいます。プロペラ機は昔大島に行って以来(あのときはYS11だった)。

 搭乗に当たっては、一度待合室から地上に降り、歩いて飛行機に乗り込むというもの。まわりはビジネスマンばかりで観光客風はほとんどいませんでした。飛行機は2列×2のシートで満席ではありませんでした。非常用の案内などCAが実演するあたり非常にほほえましい光景です(ジェット機ではテレビなのに)、また飲み物も希望すればもらえるシステムのようでした。ガタガタいいながら離陸するもオロオロするのは我々だけ、これが仕様なのでしょう。晴れていたので眺めは良かったですが途中から雲の中に入りガタガタ。やはり風の影響は良く受けるのかな?再び雲から抜けると札幌郊外なのか、町並みが市街地になる。遊覧飛行のように市街地を飛び回り到着したのは札幌丘珠空港。

 こちらもタラップから地上に降り、出口に向かいます。誘導路の足跡が人の足跡ではなく、熊の足跡なのがかわいい!飛行場には他のボンバルディアも駐機しており、北海道らしいカラーリングがどれもされていた。丘珠空港から札幌まではバス。まあまあ人が乗っていたのに、バスに乗った人は5,6人。札幌駅まで行った人は我々以外に1人。みんなどこへ行ったのだろう???Dsc05706 Dsc05707 Dsc05709 Dsc05712 Dsc05713 Dsc05716

秋旅行⑤ あかん鶴雅別荘 鄙の座 食事編2泊目&まとめ

 連泊なので朝食後は風呂タイムになり、たっぷり入ってしまった。早朝、朝食後、DVD観賞後、夕食前、就寝前・・・。何回入っているのだ。。。

 さて、2泊目の夕食。こちらもメニューを参照していただければ・・・。2泊目は料理が温かかった!そうすると旨い!倍増だ!八角や松茸など汁が滴っておりたまらない。鍋も斬新なアイデアで美味しい。口直しに食べる流氷(おろしのこと)がいい!お好みの一品で出てきた目抜きの荒煮でノックアウト。満腹になってしまい、雑炊をヒーフーな思いで食べました。いつも言っていることだが、今回も小ぶりの鮑が出てしまった。このクラスだけは出さない方が良いと思う。あとはほぼ満点なメニュー。デザートはリンゴをクレープで包んだもの(奥様が言うにはリンゴのキャラメリーゼ「シナモン風味」のクレープ包み)。ちょっと食べにくく手掴みで頬張ったのはご愛嬌か(?)。

 出立の朝の朝食は、麦飯とまいたけと揚げを目の前で炭火焼が出された。ホタテも一緒に炭火焼にしてしまいアツアツで頂く。麦飯が終わってしまうと白米になってしまったのがやや残念だったが朝食は大満腹。。。

 まとめ:シーズンオフ扱いなのか1泊30000円ちょっと、CPは非常に良い。やや人手不足(特に食事)な感があるが、是非再訪したい宿である。最後に気になった点。・予約のシステム(名前だけで事前に確認などなにもなかった、いたずらされたらどうするのだろう?、料理のランクの差の違い「電話で聞いたのと宿で聞いたのといっていることが違っていた、料理は非常に楽しみにしているので大事なことです。この件はいまだ不明」)・食事(やはり温かく!また、下膳したものが通路に置きっぱなしになっている、せめて厨房まで下げて欲しい)など。。。それでもまた行きたい、いや絶対行くだろう。。。Dsc05777_2 Dsc05654 Dsc05655 Dsc05656 Dsc05658 Dsc05659 Dsc05660 Dsc05662 Dsc05663 Dsc05667 Dsc05684 Dsc05685 Dsc05686 Dsc05687 Dsc05690 Dsc05693 Dsc05695 Dsc05696 Dsc05697

秋旅行④ あかん鶴雅別荘 鄙の座 食事編1泊目

 1泊目の食事編です。今回はデジカメの調子が悪くいい画像が少なく(元々少ないが・・・)申し訳ありません。

 部屋食もあるようですが、聞かれもせず自動的に食事処での夕食となりました(4番目の部屋だから?)夕食はメニューを見ていただければある程度、イメージがわくと思います。全体の量としては少なくもなく、十分いただけます。基本的には北海道のものを使うスタンスはうれしいです。味は薄味で我々の好みに非常にマッチしていました。ただ、初日はやや残念なことがありました。焼物、煮物、強肴。メイン系の料理がどれもぬるかったことです。初日は宿泊客も多かったようですが、1泊3万以上取る宿でしかも食事処で食べてぬるい食べ物が出るのは・・・。また、メニューがどれもぬるくても美味しいのです(はさみ焼など出来立てだったらどれだけ美味しいかと思ってしまう)。だからなおさら温かいものが食べたかった。。。

 翌朝の朝食は非常にシンプルですが、満腹にさせてくれます(画像以外にもメイン料理が出ます)。やはり薄味なのでどんどん食べることが出来ます。焼き海苔、黒納豆など味が良く、特に朝からのいくら丼は良かった!Dsc05776 Dsc05599 Dsc05602 Dsc05603_2 Dsc05611_3 Dsc05613 Dsc05614 Dsc05615 Dsc05623 Dsc05624 Dsc05629 Dsc05630 Dsc05631 Dsc05635 Dsc05640

秋旅行③ あかん鶴雅別荘 鄙の座 部屋編

 さて、今回の旅行の目的はここに宿泊することと言っても過言ではありません。そのために2泊できる日を選びました。平日でも結構予約が多いようです。部屋は5タイプ、今回は上から4番目のタイプでした。簡単に説明すると1番がスイート、2番がそれに準じる、3番が縦長で風呂から湖が見られる。4番目は寝室がなく、2階なので若干眺望が落ちる。しかし部屋が横長だから多少開放感はあります。5番は湖と反対側の眺望です。事前には2番目を狙っていたのですが、満室なので4番目にしました。宿泊した感想からいうと3番にするなら4番の方がCP的にもいいと思います。あと2番までランクアップさせるかどうかと言う感じでした。今回の部屋は気にしなければそれまでですが、やや隣の建物の圧迫感を感じるかな程度あります。もっとも風呂から阿寒湖を眺めていれば問題ありませんけど・・・。

http://www.hinanoza.com/

 さて、部屋ですが和室とリビングがあり、リビングから風呂につながっています。寝室がないタイプなので、和室に布団が引かれます。今回はほとんどリビングと風呂に浸かっていました。。。テレビは2種類あり、和室には古典的な大きい箱型テレビ、そしてリビングには持ち運びができるネット兼用(?)のような小さいテレビがあり、コンセントを外せば、風呂に持ち込むことができます。BOZEのステレオ装置もあり、この小さいテレビでDVDを見るとかなり迫力があるサウンドが楽しめます(DVDは無料貸し出しもあり)。テレビに関して残念な点はコードレスだから画面と音にタイムラグがあります(音が先で映像は後)。洋画をみると先に英語が入りそのあとに字幕が出る感じ・・・。ちょっと戸惑います。また受信がイマイチなのか風呂まで持っていくと、時々プツプツと遮断されます。初日、風呂で菊花賞をみていたところ4コーナーでプツっとなりびっくりしました(笑)。

 肝心の風呂です。丸い陶器の風呂でおそらく重さで湯量を調節しているのでしょう。湯量が減ると自動的にお湯が大量に流れ、落ち着くと一定量になります。源泉を流しているとのことで、温度調節は設定はできるがその温度になるには自然任せでやや熱く感じるときは水を自分で加えるタイプです。2人が十分入るスペースがあり阿寒湖が見えるので開放感は悪くありません。身を乗り出すと阿寒湖畔の遊歩道から丸見えになるので注意が必要か(!?)、今回は天気が良かったので本当に眺望を眺めることが出来ました!

 アメニティですが、可もなく不可もなくという感じか。タオル類が少ない印象でした。またリビングには無料冷蔵庫もあり、コーラ・アクエリアス・お茶・水などが人数分入っています。どうしてもおやつが食べたい人は宿の目の前にローソンがありました。あとマッサージ器がありましたがほとんど使いませんでした。静楓亭にあるようなコテコテの本皮の方が清潔感がある感じがして・・・。最後に音です。チェックインのときに2階は食事処があるのでうるさく感じるかもしれないので、と言われ、玄関には引き戸以外に防火扉みたいなのがありこれを閉めると少しは違いますと言われました。今回は外の騒音はまったく気になりませんでしたので扉ははじめほとんど閉めませんでした。しかしふと考えてみると・・・逆に部屋の音は外に丸聞こえになる可能性があるのでは・・・と。今回は2泊してDVDばかり観ていたのですが、外に立ってみると案の定丸聞こえ!?ためしに防火扉みたいなの閉めて外で聞き耳を立ててみたところ、悲しいかな聞き耳を立てる必要も無いくらい丸聞こえでした。今回は夜遅くまでDVDをみていましたが、夜の騒音は気をつけましょう(周りの人ごめんなさい)。

 全体的な部屋の印象としては、非常に良いです。スタッフの人も気軽に声を変えていただきよかったと思います。是非また行きたくなる宿です。Dsc05527 Dsc05562 Dsc05594 Dsc05595 Dsc05596 Dsc05626 Dsc05641 Dsc05643 Dsc05644 Dsc05645 Dsc05646 Dsc05647 Dsc05649

秋旅行② 阿寒湖畔

 さて、阿寒湖に到着したがチェックインまで時間があるので、宿に荷物を預け阿寒湖畔散策へ!4年前に2人できたことあったけれど、そのときの立ち寄ったお店が開店していない・・・。平日のせいか観光地は結構閑散としていました。

 桟橋につくと、高速船が丁度出ると・・・。高速船の方が長い距離走るというので早速乗り込む(宿で割引券もらっていたので割引になりラッキー)!乗客は我々含め3組、採算とれるのか???船が速度を上げてから感じるが波が非常に高い!一番前に移動してみると、窓に波が次から次へとかかってくる。10分位して、まりも展示センターに到着。ここでまりもを見ることができる。頭くらいの巨大まりもをみて興奮する奥様・・・。

 外に出てみると阿寒の山がきれいに見えます。紅葉はどうなのでしょうか?北海道だから針葉樹がおおく、真っ赤に染まる感じはしませんが葉もそこまで落ちていないで丁度良かったと思います。一方、風はかなり強かったです(画像でもかなり揺れているのが分かると思います)。

 再び船に乗り込み、阿寒湖随一の景勝地と言われる滝口へと船は回ります。高速船でないと奥まで入らないとの事、これはラッキーでした。黄色く色づいた木々が近くまでせり出してきます。このあたりをゆっくりと船は周り、桟橋に戻ります。1時間以上のクルーズですがあっという間でした!阿寒湖行けば誰でも乗ると思いますが、やはりオススメです!

http://www.akankisen.com/

 降りたあとはボッケを見に遊歩道を歩きます。アイヌ語で煮え立つと言うごとく、ボコボコ硫黄臭を放っていました。午後になり風は強くなり次第に冷えてきたので、我々は見学も程ほどに宿に戻りチェックインすることにしました。宿が今回の目玉「阿寒湖鄙の座」です。Dsc05529 Dsc05532 Dsc05536 Dsc05541 Dsc05547 Dsc05548 Dsc05550 Dsc05553 Dsc05559

秋旅行① 釧路へ

 だいぶ時間がたってしまいましたが、先週北海道に行ってきました。そのレポです。阿寒湖2泊、札幌1泊でした。

 初日・・・、まずは阿寒湖にたどり着かなければいけません。前日まで天気が悪かったせいか、出発の日は快晴!!!飛行機はまずまずの混み具合、そして窓からは富士山や中禅寺湖など良く見えました。緯度が上がるにつれ、雲が多くなって釧路便は途中から海を通るためか位置が分からなくなりました。到着前は海岸沿いに飛行し、最後に大きく旋回して着陸です。到着時の気温は14度!予想ではもっと寒いかと思っていたけれど天気が良いので心地が良いです。ただ少し風が強かったな~(この風は今回ずっと強かったです)。空港から阿寒湖行きの路線バスが出ているのですが、我々のほかは1人だけ。他はみんなビジネスで釧路市外に出てしまったのだろうか・・・。

 バスは先客もあり10数人で阿寒湖へ出発、快調に飛ばします。途中で丹頂を見かけました(間に電柱が入るミスショット・・・)。70分くらいで阿寒湖に到着します。料金は確か2000円ちょっとだったと思います。

http://www.akanbus.co.jp/localbu/akan2.htm

 阿寒湖編に続きます。Dsc05501 Dsc05503 Dsc05505 Dsc05512 Dsc05514 Dsc05526

2007年10月26日 (金)

てんぷら山の上 Roppongi

 今週は秋休み(夏休みはなかったので)で北海道に行ってきて更新が遅れてしまいました。旅行記は後日アップします。先週末行ったてんぷらから。。。

 大学時代の友人と奥様と3人でてんぷらにいくことになりました。事の発端は友人がなぜかてんぷらにはまっているというので、どこか食べに行きましょうということで今回の企画がなされました。

 本来は銀座などに行く予定でしたが、予約がなかなかとれなく今回は六本木のてんぷらでした。山の上ホテルから初支店ということで行って来ました。

 http://www.tempura-yamanoue.jp/menu.html

 コースはてんぷらのみの12000円コースをセレクト。最初に海老3本、それから魚、野菜のてんぷらが2回に分かれて運ばれます。合計3回の配膳。今回は座敷だったので、一つ一つ運ぶのは無理か・・・。抜群にカリッとはしていないが、衣が少なく比較的良い味でした。またミッドタウン内にあってこの値段は良心的ではないでしょうか?以前行った天政にくらべ、具材一つが小さいのでたくさん食べられ、追加注文しないで満腹になりました。最後に天茶を頂き満足な時間を過ごせました。てんぷらというと2万3万当たり前な風潮がありますが、この場所でこのCPならまずまずだと思います。今度は是非カウンターでいただきたい!

2007年10月19日 (金)

じゃがいもグラタン&オニオンスープ

 今日は帰りに雨が降ってきた、なんだか久しぶりの雨な気がします。

 さて、今日の夕飯はじゃがいものチーズグラタン、そしてフランスパンを漬したオニオンスープ、サラダは生ハムで巻いて頂きました!

 グラタンはチーズをたっぷり入れているので非常に深い味です。焦げないように一番そこに玉ねぎを入れるという目に見えない仕込みあった!オニオンスープは築地倶楽部で購入したものにフランスパンを入れた。パンがやや大きかったけれど、しっかりした味なので美味しい!あとは火傷しないように食べるのが大変大変・・・。生ハムはニッポン放送のリビングショッピングで購入したもの。塩味がややきつい気もするがサラダと食べると良くあう。特にキュウリを巻くと絶品、最近野菜はこればっかり食べている気がする。

 明日は友人とてんぷらに出陣します。。。何とか晴れますように・・・Dsc05495 Dsc05496 Dsc05498 Dsc05499

2007年10月17日 (水)

おでん

 今日の夕飯はおでん!

帰りに昔ながらのシウマイとメンチカツを仕入れたので、これも食卓に並べる。おでんは非常に薄味なので、パクパク食べることが出来る。結局、玉子×2、大根×2、はんぺん×2、こんにゃく、シラタキ、ガンモを食べてしまった。非常に満腹!でも結構ヘルシーだと思います。Dsc05493 Dsc05494

2007年10月16日 (火)

フォーシーズンズホテル椿山荘 イル・テアトロ

 2日目の夕食はホテルのメインダイニング「イル・テアトロ」で頂く。窓側の席に通してもらい、メニューを選ぶ。今回はアラカルトで頂いた。実は狙っていた料理があったのだ!

 前菜とパスタは各1種類を二人でシェアをし、その後ポルチーニのスープを一人ずつ頂く。メイン料理が今日の狙い「ミラノ風仔牛のカツレツ」を注文!!!奥様は肉よりは魚がいいとオマール海老をメインにした料理を注文。カツレツはとにかく厚くてびっくり、本当にお腹いっぱいになります。珍しくアルコール類も飲もうということで、ワインを赤白いただきました。白ワインはピノグリージョ!辛口だけどコクがありバランスのよいワインでした。赤ワインはバルポリチェッラのジュセッペおじさんのところのワインをいただきました!渋みとコクとビロードのようななめらかさがありました。いい気分になりました・・・。お腹いっぱいなのにデザートで奥様はパンナコッタ、僕はシャーベット3種盛り食べさらに満腹満腹。。。アラカルト2人で40000円弱、是非また行きたい。銀座のアトーレとともにオススメの一店になりました!

フォーシーズンズホテル椿山荘 ルームサービス朝食編

 翌日はゆっくり10時朝食をオーダー。ピタリと運んでくれる。テーブルセッティングは昨晩と一緒。

 私は和定食、奥様はヘルシースタートという野菜中心のメニューをセレクト。和定食は鮭の塩焼きがメインだが、塩がきつくなく非常に美味。そしてなんといってもご飯がお櫃でくる!たっぷり食べることが出来、これは素晴らしいこと!!!ヘルシースタートは卵も白身だけという徹底振り。サラダはメカジキのスモークとフレッシュサラダです。トマトが非常に美味しかったのが凄く印象的でした。パンはバナナブレッドとヘルシーマフィンとたっぷり出る。朝からしっかり食べる奥様もかなり満腹な様子!

 アイスココアやホットチョコがメニューになかったのがちょっと残念だったが、非常に良いメニューだと思います。特にルーサーで和定食を頼んだのは初めてだったけれど、癖になりそう・・・。Dsc05468 Dsc05469 Dsc05470 Dsc05472 Dsc05473 Dsc05474

フォーシーズンズホテル椿山荘 ルームサービス夕食編

 初日の夕飯はルームサービスにしました。

 私はローストチキン、奥様はポルチーニのリゾットを注文。さらにサラダとフィッシュ&チップスをいただきました。メニューは非常に充実で、野菜系などもメニューにありびっくりしました。サラダは2種類のチーズもあり凝っていました。ローストチキンはルームサービスとは思えないくらいのボリュームで、かなりお腹いっぱいになりました。ホテル内に入っているイタリア料理のメニューも注文できるのは素晴らしい!(今回は翌日食べに行ったので、注文はしませんでしたが、次回以降は部屋であの美味しいイタリアンを食べたい!)

 ルーサーのテーブルセッティングですが、ダブルベッドの足元にテーブルを置き、一人はダブルベッドに腰掛けて食べる、もう一人は机の椅子を反対に向けて食べる形でした。窓側にテーブルセットがあるので、そちらに置けないが眺めがいいのだから、窓側で食べたい気もした。Dsc05460 Dsc05461 Dsc05463 Dsc05464 Dsc05465

フォーシーズンズホテル椿山荘

 やっと日曜日やすみだったので、静養をかねてホテルでくつろいできました。今回はフォーシーズンズホテル椿山荘!

 宿泊したのはスーペリアダブルというスタンダードの部屋です。それでも40平米以上あり、十分くつろげることができます。特に風呂のスペースが十分あり、ミニテレビもあってゆっくり出来ます。今回非常にくつろげた感じがするのはバス空間が非常にゆったりしたつくりだったからだと思います。ホテル西洋銀座よりやや狭いくらいで、今までの経験では2番目に広かったです。テレビは箱型に入っていますが、開けてみると薄型テレビです。DVD&CDデッキなども装備されています。電話や調度品は年代を感じさせますが、汚さがないのでいやな感じはしません。

 部屋の構造上、窓側に立つと結構他の部屋が見えますので、風呂上り裸でウロウロするときは気をつけましょう(笑)。今回はガーデンビューということで、目の前の庭園が良く見えます。都内でこのような緑を見ることは少ないので、この光景は非常に癒されます。

 ホテルのサービスとしては、チェックインから非常に気持ちのいいものでした。夕方のターンダウンではペットボトルの水を用意してくれました。歩いていてもすれ違ったときでも気さくに声をかけていただくのは、非常に気持ちの良いものです。今回は連泊でしっかり堪能したつもりですが、奥様は早速また行きたいなどといっています。。。今回は割引などあって、1泊30000円ちょっとと超お値打ちでした!!

このあと、ルームサービス夕食編、朝食編、イタリア料理編と続きます。Dsc05448 Dsc05449 Dsc05450 Dsc05451 Dsc05452 Dsc05453 Dsc05454 Dsc05455 Dsc05456

2007年10月14日 (日)

分とく山 神無月編

 昨日は分とく山(インタコ店)で夕食。1ヶ月ぶりくらいの再訪でした。

今回は先付けから魚のオンパレードでした。 食材だけでも、鮭&いくら・ホタテ・穴子・カワハギの刺身・鮑!お椀はマツタケの土瓶蒸し、非常に温まりました。肉類は鴨肉が少々でるだけ、相変わらず薄味でダシもよくペロリです。最後の炊き込みご飯は色々予想しましたが、しょうがの炊き込みご飯にかつおでした。丁度かつおにもジンワリ熱が伝わり、臭みもまったく感じさせません。私と奥様で3杯ずつ、今回も完食でした!!デザートはあけびのアイスクリーム。やや残念だったのはこのアイスクリームが食べにくかったことかな。他は今までの中でもベスト3に入るくらいの良い献立でした。土曜の夜ということもあって、かなり一杯で盛況でした!

2007年10月12日 (金)

具材ゴロゴロカレー

 今日の夕飯はカレーライス。

先日、山形牛のカレー用を安くゲットしていたので昨日仕込み、じっくり煮込んだもの。そして我家のカレーは基本的にスープカレーです。早速食べてみると・・・、やはり普通のビーフカレーより肉がとろける!!!味も抜けていない!!!ジャガイモがやや硬かったが、人参は非常に濃厚!外でカレーを食べると具が小さく、いつも欲求不満になるが、家で食べると、これでもか!というくらいに肉や野菜がゴロゴロしているので非常にうれしい!明日以降はジャガイモも柔らかくなるだろうし、もっと濃厚になるだろう(ウヒヒ)。Dsc05445 Dsc05446

2007年10月 8日 (月)

珍しく肉尽くし!

 今日は久しぶりの休み、ゆっくりしました(2時間サスペンスを2本も見てしまった・・・)

 さらに、のんびりテレビを見ていたら、デジタル放送で「でぶや」が再放送?されていた。内容は香川の肉特集!当初、今晩はメカジキを焼こうと思っていたが、見ていると体が肉モードに・・・。お風呂から上がって一緒に見ていた奥様も微妙に洗脳されたようで急遽買い物に。。。19時くらいだったので、値引きされているものもあり、山形牛ヒレ(なんと半額)、山形牛肩ロース(2割引)、黒毛和牛三角カルビ(2割引)をゲット!帰って早速調理、肩ロースは野菜といためる。カルビとヒレはそのまま塩コショウで焼く!結果やはり値段はうそを言わないというか、山形牛ヒレが最高に美味しい!!!続いて肩ロース、カルビの順。牛肉尽くめの夕飯でした。。。デザートには無しを頂き、あ~満腹!Dsc05436 Dsc05437 Dsc05438

2007年10月 5日 (金)

京王プラザホテル ルームサービス朝食編

 翌日も朝からあわただしかったので、ルームサービスでとることにした。よくあるように、前日までにドアノブに以来を書いておくタイプではなく電話注文形式。当日朝でも良いらしい・・・(結局、寝る前に注文しました)。

 7:30にオーダーしておいたら、時間ピッタリ配膳しくれました。メニューは2パターンあったので、それぞれ注文してみた(画像参照)。やや冷めていたが、味はまずまず。アメリカンはフレッシュジュースでないのがやや残念。サラダコースは野菜がシャキシャキしており、ドレッシングもくどくなくいい感じでした。あえて選ぶならサラダ&フルーツブレックファーストがお勧めと感じました。値段もよそのホテルに比べて安いので、気軽に利用できるのでは。Dsc05391 Dsc05392 Dsc05393 Dsc05394 Dsc05395 Dsc05396 Dsc05400 Dsc05401

京王プラザホテル プラザプレミア

 今週はかなりハードな1週間だった。週末も出張だし・・・。

 かなり忙しかったので一度新宿で泊まってしまった。宿泊先は京王プラザホテル。丁度1年位前にも泊まったが今回はダブルにしてみた。

 部屋はまずまず広いがなんといっても窓側が非常に広いのが良い。ただ目の前は東京都庁なので、バッチリ見られてしまうのでなかなかカーテンフルオープンは出来ない。スリッパは変わらず紅白でした。。。加湿器や空気清浄機がしっかりしているのは素晴らしい!!!あと、特筆すべきはベットかな。このベッドは非常に寝やすかった。高層階だけど、目の前に都庁があるので開放感はあまりありません。寝るに関しては、凄くよいと思いますが、ルームサービスを夜景を見ながら・・・などという、ムードはあまり期待しない方がよいかな。。。プラザプレミアはラウンジはないが、プラザコンフォートというクラスはラウンジがあるみたい。今回は忙しくて、夜遅くに入り翌日も早く出たのであまり堪能できなかったのがやや残念。。。(一方、奥様は一人でルーサーを頼んでかなり満足していたようだ、今回の画像は奥様激写です)。朝食編に続きます。Dsc05383 Dsc05384 Dsc05385 Dsc05387 Dsc05388 Dsc05389

2007年10月 2日 (火)

ポテトグラタン

 今日の夕飯は、久しぶりにパンを焼きポテトグラタンと頂いた。

ポテトグラタンは鶏肉とピーマン、玉ねぎを具にしてスライスしたジャガイモをひき、築地倶楽部で頼んだとろけるチーズをたっぷりかけてみた。チーズは非常に濃厚!焼きたてのパンはふわふわしていて非常にあう!結構濃厚なチーズは好きな私だが、それにしても濃かった!食後に梨を食べてやや中和(笑)。しっかり腹にたまった夕食であった!Dsc05380 Dsc05381 Dsc05382

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31